高松市の不動産売却は売りま専家

売りたいけれどどうすれば?

不動産TOPICS

お父さんに援助してもらうなら、消費税増税後がお得?

人から財産をもらうと贈与税を払わないといけません。
1年間にもらった合計が110万円以下なら贈与税はかかりません。
住宅の購入・新築・増改築のための資金を親・祖父母からもらうと、一定額まで贈与税がかかりません。
「住宅取得等資金贈与の非課税」制度です。

贈与税がかからない金額は、入などの契約日や購入する消費税率でも変わってきます。
消費税8%の場合
2016年1月1日~2020年3月31日 非課税額 1,200万円
消費税10%の場合
2019年4月1日~2020年3月31日 非課税額 3,000万円
(いずれも、耐震等級や高齢者等配慮対策等級などの基準を満たした場合)
2019年3月31日までの契約は引き渡しが2019年10月1日以降(消費税増税後)になっても消費税8%の扱いを受けます。
消費税8%では110万円+1,200万円=1,310万円まで、消費税10%で110万+3,000万円=3,110万円までが非課税扱いになります。

ただし、子の所得や年齢、贈与から所有・居住までの日数など細かい規定もあるので確認が必要です。

特例を使っての不動産売買のご相談はアーバンレック売りま専家までぜひご相談ください。

カテゴリー

2019/04/06