高松市の不動産売却は売りま専家

売りたいけれどどうすれば?

不動産TOPICS

熟年離婚するより相続まで待った方が得?

平成30年7月に相続法が改正されました。
その中で、「配偶者居住権」という権利が新しく作られました。
妻と子が遺産相続をする時は、家や車などお金でないものもお金に換算して、それぞれがいくらもらえるか計算します。
家以外に財産がないと、その家に住み続けたいのに、財産分与のために家を売却してお金を作らざるをえないこともあります。

亡くなった人の夫か妻は、相続開始時に亡くなった人の持ち家に住んでいれば、引き続き無償で住み続けられる権利です。
ただし、これにより、子の家を相続する権利が無くなるわけではなく、「配偶者居住権負担付き所有権」を相続します。
家とその他の財産を分けて、それぞれで財産分与しましょう、ということです。

(持ち家)2,000万円(貯金)3,000万円 の場合
改正前 妻/(持ち家)2,000万円(貯金)500万円 子/(貯金)2,500万円・・・額面上は2,500万円で平等だが、妻は500万円しか現金が無く生活が苦しくなる。
改正後 妻/(持ち家の所有権)1,000万円(貯金)1,500万円 子/(持ち家の所有権)1,000万円(貯金)1,500万円・・・ただし、1/2の持分があっても、子は妻を家から追い出したり売却したりできません。

ただし、これはあくまで仕組みが出来上がっただけで、まだ実際に運用されていません。
2020年ごろから運用が始まる予定ですので、「配偶者居住権」を主張するにはもう少し時間が必要です。
(これとは別に「配偶者短期居住権」は運用が始まっています。

長男の嫁が義理の両親の介護をすることは多いですが、長男の嫁は相続人になれません。
長男の嫁の立場だと「私は介護で苦労したのに、苦労していない次男や三男に財産を相続するなんて。」という気持ちになります。
そうした苦労に報いるために、相続人以外で介護や看病をしてきた親族は「寄与分」として、相続人に金銭請求が出来るようになりました。
これは相続人であっても同じです。
長年夫の介護してきた妻が、子供に対して「寄与分」を請求し、相続財産を多めにもらうことも可能です。

今すぐに離婚して財産分与するか、配偶者の介護をして多めに財産相続するか、冷静に計算してから、将来を考えるのも一つの方法です。

アーバンレック売りま専家では、香川県・高松市を中心に相続不動産の売却のお手伝いをしています。
弁護士、税理士とも連携し、相続問題の解決をお手伝いいたします。
お気軽にご相談ください。

カテゴリー

2019/04/19