高松市の不動産売却は売りま専家

売りたいけれどどうすれば?

不動産TOPICS

投資用賃貸マンションを売買したら、入居者に敷金を返却するのは売主?買主?

投資用不動産を売買すると、賃貸人としての地位を売主から買主が引き継ぎます。
入居者より預かっている敷金の返済義務は買主が引き継ぎます。
通常、入居者より預かっている敷金は不動産売買時に売買価格とは別に売主より買主に支払われます。
いくつか注意点があります。

地域によっては敷金が引き継ぎません。
これは、あらかじめ売買価格は敷金などの金額を加味した上で決定していると考えているからです。
トラブルの原因になりますので、事前に売買価格とは別に敷金などのやりとりはあるかを確認をしておきましょう。

また、買主は敷引前の敷金で引き継ぐよう留意しましょう。
敷引とは、入居者と賃貸借契約を結ぶ時に、退去時の原状回復費用を一定額敷金から差し引きますよ、とあらかじめ約束しておくものです。
買主は敷引分ももらっていないと、入居者へは原状回復費用が請求できないので、自己負担しなけれならなくなります。
不動産売買の前に、賃貸借契約書をよく確認しておきましょう。

補修費分担金も引き継ぎます。
補修費分担金とは、敷引と同じように入居者から退去時の原状回復費用を一定額もらうものです。
敷引と違うのは発生するタイミングが、賃貸借契約時ということです。
こちらも同じように売主より受け取っておかないと、入居者から原状回復費用はいただけないので気をつけましょう。
通常、これらは賃貸借契約書に記載がありますので、漏らさないように注意して見ましょう。

上記のことを不動産売買契約書に明確に記載するように不動産仲介業者に依頼してください。
契約書に記載をしていないと、要求が通らないことがあります。
契約書に記載していないことが時々ありますので、指摘して記載させるようにしましょう。

売主は敷金や敷引、補修分担金の本来の意味を踏まえて、支払うべきところは支払い、スムーズな契約を心がけましょう。

カテゴリー

2021/05/26