高松市の不動産売却は売りま専家

売りたいけれどどうすれば?

不動産TOPICS

これって常識?知っていそうで知らない不動産の査定方法。

不動産売却を考える時に、まず行いたいのが不動産の査定です。
不動産がいったいいくらで売れそうか不動産業者に見積もってもらうことです。
この査定金額を基に、保有するか売却するか判断し、売却する場合は売り出し価格をいくらするかを決めていきます。

査定方法には、簡易査定(机上査定)と訪問査定という二種類があります。
「簡易査定」は、立地条件や築年数をもとに機械的に見積もる方法です。
登記簿謄本から土地建物の面積や建物の築年数、路線価図から路線価や公示地価を調べます。
また近隣の売買事例があれば、いったいいくらで売却されたかも調べます。
「訪問査定」は、不動産業者が現地に行き、室内の状況など不動産の実際の状況を見て査定します。
また治安や利便性といった周辺環境も確認し、簡易査定に使用する資料も併せて検討し、見積もりをします。
収益物件の場合は、さらに入居状況や賃料収益の額、管理にかかる支出や公課証明も提出してもらい査定を行います。
すぐにある程度の目安金額を知りたい場合は簡易査定でも大丈夫ですが、詳しく不動産の状況を把握したいということであれば訪問査定をお勧めします。

査定をしてもらう上で注意するべことはあるでしょうか。
まずは複数の不動産業者に査定してもらうことです。
査定では近隣の売却事例や周辺環境を加味して査定しますが、売却事例がどれだけあるか周辺環境をどの用に判断するかはデータの蓄積や経験に左右されます。
複数の不動産業者に査定してもらうことで、自分の持っている不動産の市場価格がだいたい見えてきます。

また、一番高い金額を付けた不動産業者に売却依頼をすればいいということでもありません。
不動産業者の査定は、不動産業者がその金額で買い取るという金額ではなく、あくまで市場に出せばこれぐらいで売却できるだろうと予想する金額です。
不動産業者は、売却を依頼されない限り利益にはつながりません。
業者によっては、在庫(売却できる物件)を多く抱えたいからという理由で若干高く金額をつける可能性も面倒くさいから依頼されたくないと若干金額を安くつける可能性もあります。
高くつけた業者に依頼してもなかなか売れないことや、すぐに売れたけれどもしかしたらもっと高く暮れていた可能性もあります。
ですから、面倒でも、複数の業者にあたって、複数の査定書を取り、比較検討することが大切です。

また、大手だから安心というわけでもなく、小さくても長年その地域で営業している不動産業者の方がより細かな対応をしてくれることもあります。。
具体的にいい点も悪い点も指摘してくれたり、どういう買い手がつくかを具体的に話してくれる業者がより安心できるでしょう。
面倒なので、簡易査定で済ませてしまいがちですが、訪問査定も上手に使いながら、自分の不動産の市場価値を客観的にとらえるようにしましょう。

カテゴリー

2019/04/24