高松市の不動産売却は売りま専家

売りたいけれどどうすれば?

不動産TOPICS

高松市だと太陽光の蓄電池が安くなるって本当?

新築戸建を建築したり購入する時に、屋根に太陽光発電装置をつけるのが当たり前になっています。
各都道府県・市町村では、太陽光発電装置の設置に対して補助金制度を出しています。

国は再生可能エネルギーを促進するため、再生可能エネルギーで発電した電気を一定期間一定価格で電力会社に買い取らせることにしました。
これが「固定価格買取制度」です。
この制度は2012年7月にスタートし、買取契約をした人は家につけた発電設備で発電し、自分で使用して余った電気を電力会社に買ってもらいます。

再生可能エネルギーとは、太陽光・風力・水力などですが、個人で利用しやすいのは太陽光での発電です。
補助金が出ることもあり、屋根に太陽光発電設備を設置する人が増えました。

2012年に買取契約した人は今年の秋ごろから再契約の時期になります。
四国電力は、固定価格での買取契約が終了しても再契約はすると発表していますが、いくらになるかはまだ発表していません。
再契約からは、電力会社が自由に買取価格を決めてよいことになり、買取価格が大幅に下がる予想がされています。

電気は、蓄電装置がないと、貯めておくことが出来ません。
今後は、買取価格が安くなってくるので、昼に作った電気を貯めて、夜に自分で使用する方がお得かもしれません。
その時に必要なのが蓄電設備です。
高松市は、以前から太陽光発電設備の他に、定置用リチウムイオン蓄電システムに8万円まで補助金が出ていました。
香川県では、今年度から、蓄電システム設備代の1/10(上限10万円)まで補助金を出すことになりました。
香川県、高松市共に補助金の申請が出来ますので、最高額18万円の補助金がでます。
家庭用蓄電池はまだまだ高額です。
1kwあたり20万円ほどかかり、4人家族で半日程度使う電気を貯めれる蓄電池を買おうとすると120万円ほどになります。
ただ、今後、蓄電池の設置が増えてくると、価格も下がっていきそうです。

下記をクリックすると詳細が確認できます。
香川県の太陽光発電の補助制度について
高松市の太陽光発電システム等設置費補助事業について

カテゴリー

2019/04/16